武田梨奈のこだわりな時間

presented by フロンティアグループ

HOME > ON AIR > 第36回「武田梨奈×松居大悟」

2022.02.05
第36回「武田梨奈×松居大悟」

さて、久しぶりに「メガネ」を購入したという梨奈さん。
大人の女性にふさわしい!少し高価な物を買おうと
半年くらい探し続けていたそうなのですが、
ついにデザインも気に入り、さらにかけていることも忘れるくらい
とても軽くてかけ心地の良いメガネにめぐり合うことができたそう!
梨奈さんが「相棒」と称する「こだわりなメガネ」!
もしかしたらメガネ女子姿の梨奈さんを見かける機会があるかもしれませんね!
ラジオをお聴きのあなたのこだわりの物は?…教えてください!

↓メッセージはこちらへ!

Kodawari@jocr.jp

さて今週も、映画監督、そして劇団ゴジゲン主宰の松居大悟さんをお迎えしました!

今回は松居大悟さんが監督を務めた最新作映画『ちょっと思い出しただけ』
(2月11日より公開)について伺いました!
公開前にこの作品を鑑賞させていただいた梨奈さんは
「面白かったです!次の日まで引きずるくらい、すごく浸りました!」とのこと。
こちらの作品について松居さんに質問したいことが沢山!
全編映画トークの回となりました!

主演は、池松壮亮さんと伊藤沙莉さん。
一組の男女が別れた後から物語が始まり、時が巻き戻されていく…
二人が愛し合った日々、喧嘩した日、出会った日…
そんな日々を「ちょっと思い出しただけ」というストーリー。

以前「こだわりな時間」にゲスト出演してくださった映画評論家の松崎健夫さんは、
「クリストファー・ノーランと並ぶ、時間を描く監督なんだとあらためて思いました。
クリープハイプのナイトオンザプラネットをヘビーローテーションするくらい、
何度も映画の内容を観て、早くも2022年ベスト映画の1つです」との感想を抱かれたそう。

この作品は、松居さんにとって初めてのラブストーリー。
デビュー以来一緒に仕事をしていたクリープハイプの尾崎世界観さんから、
名作映画『ナイト・オン・ザ・プラネット』(ジム・ジャームッシュ監督、1991年制作)に
着想を得て作ったという楽曲「ナイトオンザプラネット」を聴かせてもらい、
MVや短編映画ではもったいないと思って、長編映画としての作品作りが始まったとか!

そのようないきさつだけに、作品には映画『ナイト・オン・ザ・プラネット』の
オマージュ的なシーンがちりばめられているそうです。
梨奈さんは、そちらを心に留めて観ると「琴線にふれる瞬間があります!」と
オススメしてくれました。作品をご覧になる時には、ぜひこの楽しみ方を…!

松居さんは映画で日常を描かれていることが多いですが、
こだわっていることは、どんなシーンでも1つの感情にしない事だとか…!
例えば「男女が仲良さそうにご飯を食べているシーン」だとして、
「二人がご飯を食べて楽しい」というだけのシーンにしないで
「もしかしたらいつかこの時間が終わるのかな」と思っていたりする辛さがあったりする、
というように、映画館で観ている人の分だけ様々な感じ方が出来るように
作っているそうです!
映画作りの「深さ」をあらためて感じることができるお話でした…

そして松居さんが影響を受けてきた言葉は、芸術家の岡本太郎さんの「迷った時は困難な方を選べ」で、
また梨奈さんは高校生の頃から「痛みなくして得るものはない」という言葉を
大事にしてきたそうです。お二人の活躍の源には、そのような言葉があったのですね!
とにかく大好きな映画のことだけに話題が尽きない梨奈さんと松居さん、
本当に楽しそうに、熱く語り合ってくれました!!

次回は、Awesome City Clubのボーカル、PORINさんをお迎えします!

映画『ちょっと思い出しただけ』オフィシャルサイト
クリープハイプOfficial YouTubeチャンネル 「ナイトオンザプラネット」(MUSIC VIDEO)

聴き逃した方や、もう一度…という方は、radikoタイムフリーをご活用ください!
また今回の放送はラジオNIKKEIでも、2月8日(火)18:30~お聴きいただけます!

番組Twitter のフォロー&リツイートお願いします!

@Kodawarinaradio

2月5日 こだわりのPLAYLIST

BIG ROCK CANDY MOUNTAIN / Harry McClintock
ナイトオンザプラネット / クリープハイプ
(※松居大悟監督 映画『ちょっと思いだしただけ』主題歌)