武田梨奈のこだわりな時間

presented by フロンティアグループ

HOME > ON AIR > 第41回「武田梨奈×大家志津香」

2022.03.12
第41回「武田梨奈×大家志津香」

さて、番組をお聴きのあなたは「お取り寄せ」をされていますか?
今週は、リスナーの方から梨奈さんへの「お取り寄せ」についての質問からスタート!
今は家にいても全国各地の名産品を楽しむことができます!
梨奈さんもよくお取り寄せをするそうなのですが
オススメは、以前アンバサダーも務めていた愛媛県宇和島産の「鯛」!
新鮮なさばいてある「鯛」をいただいたり、宇和島の郷土料理「鯛めし」なども
簡単な作り方が付いているので、作って楽しんでいるそう!

みなさんのオススメの「お取り寄せ」は、どんなものでしょうか?
メッセージはこちらへ!

Kodawari@jocr.jp

今回のゲストは、昨年末にAKB48を卒業された大家志津香さん!
大家さんは、梨奈さんとは同い年で、実は「お知り合い」とのこと!
共通の友人達と一緒に遊んだこともあるそうですが、二人でじっくり話すのは今回が初。
「しーちゃん」「りなちゃん」と呼びあって、トークがスタートしました!

まずは、およそ15年間在籍したAKB48を卒業して、ソロとして活動を始めた
今の心境を伺うと、「あまり変わらないかも」という意外な回答。
在籍時から、音楽番組に出演するよりもソロで出演することが多かったから
とその理由を教えてくれました。
それでもファンの方との交流の機会は減ってしまったそうで
その点はやはり寂しそうでした…

しーちゃんに「卒業」のきっかけを聞くと
一つはYouTubeで始めたダイエットチャンネル!
コロナ禍で太りすぎてしまって、みんなに発表して強制的に追い込もうと思って
ダイエット企画を始めたとか。
ふと「目標体重を達成したら、何なんだろう?」と自問した時に
「それなら目標達成と同時に、卒業発表しよう」と思ったそうです。
そして「ちょうど30歳になるし」と、全てのタイミングが良かったことで卒業を決意!
卒業公演が30歳の誕生日当日だったそうです。

決断の早いしーちゃんは、卒業を決めてからすぐにスタッフに相談して
およそ1か月ほどで卒業したとか。
スピード感があったからこそ、逆に悲しみに明けくれるような時間がなく
早く意識を切り替えれたのかもと教えてくれました。

「AKB48として人生の半分近くを過ごしていたなんて、どのような人生だったんでしょうか」と梨奈さんがお聞きすると、しーちゃんは「夢みたいでした。芸能界に入ろうと思ったこともなかったのですが、でも好きで受けようと思って受けて、気がついたら始まってて、気がついたら終わっていて。」「15年前の出来事も3年前の出来事も、振り返ったらつい最近みたいな気がして、ぎゅっと濃縮されていて本当にあっという間でした」と答えてくれました。

また梨奈さんとしーちゃんは、どちらも映画が好き!
二人には、好きな映画について珍しい共通点がありました。
それは「バッドエンドの映画」!
どうしてそんな結末の映画が好きなのかというと
しーちゃんは「普段の生活であんな苦しい気持ちになることはない、特別な感情になって感情の種類が増えるから」
梨奈さんは、しーちゃんの理由に納得しつつ
「こんなに息苦しい映画の中の世界ほどは、私は苦しんでないと思って、少しは楽になれるところがあるかもしれないから」とのことでした。
まさか、そんなバッドエンドの映画の話で盛りあがれるとは思ってなかったようで、
この後も、好きな映画や鑑賞の仕方、どのくらいのペースで作品を観るか?など
映画トークが弾んでいました!

次回も引き続き、大家志津香さんをお迎えし、プライベートのお話もお聞きします!

大家志津香さんプロフィール(ワタナベエンターテインメント)

梨奈さんとしーちゃんの映画トークを聴き逃した方、もう一度…という方は
radikoタイムフリーをご活用ください!
今回の放送はラジオNIKKEIで、3月15日(火)18:30~もお聴きいただけます!

番組Twitter のフォロー&リツイートお願いします!

@Kodawarinaradio

3月12日 こだわりのPLAYLIST

Gimme Some Lovin’ / HANSON
常緑 / 大橋ちっぽけ(※大家志津香さんセレクト!)